ストレッチをして冷えた体を温めよう!

冷え性対策として、ストレッチ体操を行うのも効果があります。
特に、膝、太もも、ふくらはぎを使うストレッチは、血流を良くしてくれる作用があります。
毎日続けることで、血管を伸ばして血管年齢まで若くなるでしょう。

冷え性に効果のあるストレッチをご紹介!

いくつか冷え性対策に効果のあるストレッチ方法があるので、紹介したいと思います。
どんなストレッチにしても自分のペースで続けていくことに意味があるので、無理をせずに行っていくようにしましょう。

冷え性改善ストレッチ・膝裏を伸ばす

冷え性対策になる膝裏を伸ばすストレッチは以下のように行います。

  1. 立った姿勢のまま、片足を前に出す。
  2. 出した片足の膝の上に両手を置く。
  3. 反対側の足の膝をゆっくりと曲げながら、腰を後ろに持っていく。

この姿勢を両膝の裏が伸びるように40秒ずつ行いましょう。
日々、続けていくことで血液の流れがスムーズになります。

冷え性改善のストレッチ・太ももを使う

太ももを使うことでも、簡単に冷え性対策ができます。

  1. まず、畳のある部屋で下に仰向けの姿勢で寝転びます。
  2. 片足を両手で抱えてお腹にゆっくりと太ももを近づけます。

もちろん、反対側の足も同じようにストレッチしましょう。
左右で合計1分間ぐらい行うのがおすすめです。

冷え性改善のストレッチ・ふくらはぎを使う

ふくらはぎを伸ばすことでも、もっと血流を良くすることができます。

  1. 片方の膝を立てた状態で座り、両手を立てた膝の上に乗せる。
  2. もう片方の足は少し開いておき、そのまま立てた膝を自分の胸の方にゆっくりと近づける。

できれば、ふくらはぎを伸ばすことを意識しながら行うと効果的です。
このストレッチをやっていると、何となく気分までよくなってくるので不思議です。

簡単なストレッチでも効果は抜群!

これらのストレッチは、1日に2回ずつ毎日行うのがおすすめです。
冷え性で悩んでいた人も、この運動を行うことで自然と悩みが解消するでしょう。

続けることで、冷え性が改善するだけでなく、若々しい体づくりにもつながります。
それは、この3つのストレッチを行うことで、血管まで伸ばして運動させることができるからです。

とにかく、その効果を体感してみましょう。