お風呂でマッサージして冷え性を改善しよう!

冷え性は、お風呂の入り方を変えることでも改善できます。
たとえば、簡単なマッサージ方法もあるのでぜひ湯船の中で実践してみましょう。
バスタイムを楽しくするために、お風呂で音楽や落語などのCDが聴ける防水用のCDプレイヤーを使うこともできるでしょう。

冷え性が改善できるお風呂でのマッサージとは?

次の3つのマッサージ方法を湯船の中で行いましょう。

  1. お腹の周囲を撫でてマッサージしてみよう
    おへその周囲を手を使って、少しづつ動かしながらマッサージします。
    ゆっくりとお腹を撫でてマッサージしていくのがおすすめです。
  2. 手首から肘の方までマッサージしてみよう
    腕の手首から肘までをゆっくりとマッサージしていきましょう。
    撫でるように優しく行うのがおすすめです。
    何度か、繰り返し行うようにしましょう。
  3. 足首から膝の方までマッサージしてみよう
    両手の手のひらを使って、足首から膝に向かって撫でるようにマッサージしましょう。
    この場合も、ゆっくりと手を動かしていきます。

このマッサージを全部行うと、体の芯から温まってくるのが分かります。
お風呂に入るたびに続けていけば、冷え性対策として高い効果を発揮してくれるでしょう。

湯船の中で足の指を動かすのも効果的

お風呂の中で足の指をゆっくりと閉じたり開いたりするのもおすすめです。
自然と血流が良くなり、体が温まる効果があります。

冷え性に良いお風呂の温度は、38℃~40℃です。
お湯の中に、15分以上浸かることで体の冷えを防止できる効果があります。

楽しみながら長く湯船に浸かるために入浴グッズを取り入れよう

冷え性の人は、少し長めに湯船に浸かるのがおすすめですが、ただ浸かるだけではすぐに湯船から出たくなってしまいます。
楽しみながら湯船に長く浸かるためには、さまざまな入浴グッズを取り入れるのも効果的です。

たとえば、音楽が好きなら防水機能付きのCDプレイヤーを取り入れたり、読書が好きなら防水用のブックスタンドを取り入れたりすることもできます。
浴槽に浮かべられる金魚やアヒルなどのお風呂グッズを使うのも、バスタイムを楽しめる方法の一つです。

入浴を楽しむことで、精神的なストレスを解消できるメリットもあります。