冷え性対策には温める場所を知ろう!

冷え性の人の場合、手足が冷えるので手足だけ温めてしまう人が多くいます。
しかし、手足のような体の末端部分だけを一時的に温めても、体全体は温まりません。
冷え性対策をするなら、お腹などの体の中心部分を先に温めるようにしましょう。
その方が、結果として体全体がポカポカしてきます。

腹巻きやカイロでまずお腹を温めよう

特に、女性にとって腹巻きでお腹を温めることは重要です。
お腹を温めれば、下痢や便秘が改善されたり、生理痛なども軽減される効果があります。
最近では、女性用の可愛らしい色や模様が入った腹巻きが販売されているので、そうした商品を買い求めるのもおすすめです。

もちろん、お腹にカイロを貼ることでも、同じような効果が得られます。
冷え性対策としても、お腹を温めることで手足までポカポカしてくる作用があります。

内臓を温めることで血流が良くなるので、冷えた体がすぐに温まります。
特に、冬の寒い時期には、お腹を温めるように心がけましょう。

スカーフかマフラーにカイロを貼って首に巻くのもおすすめ

太い血管がある首も、温めることで冷え性対策に役立ちます。
そこで、スカーフやマフラーにカイロを貼り付け、ちょうどそれが後頭部に当たるようにして首に巻くのもいいでしょう。

また、首の付け根辺りに存在する背骨の先端には、冷え性を改善できるツボがあります。
そのため、そこを温めるように、カイロを貼っておくのも効果的です。

腰や背中も温めると冷え性が改善できる

人間の体は、背面の方から先に冷えるようになっています。
それを考えれば、腰や背中にカイロを貼ることでも、冷え性対策になります。

たとえば、腰であれば仙骨と呼ばれる腰から少し下の部位を温めるようにしましょう。
ここは、自律神経が集中しているので、温めることで自律神経の働きが活発になって、次第に体が温まります。

また、背中の肩甲骨の下部にカイロを貼れば、血流が良くなるだけでなく、新陳代謝の働きが良くなる効果があります。
このように、温めることで冷え性の改善につながる部位は、主にお腹、首、腰、背中の4つとなります。